FG-Serviceブログ

顧問契約を結ぶ目的は?

顧問契約は必要か?

 
 
 
 
 

税金は

経営をする以上、税務問題は切り離せません。
 
税法は複雑、難解であるため、
手間やリスクを考慮すれば一般の方が手を出すのは
割に合わないでしょう。

  
「 だから、税理士と顧問契約を結ぶ 」
 
この”解決策”は当然だといえます。
 
 
しかし、税理士と顧問契約を結ぶためには、
毎月一定の『顧問料』と、契約内容によっては別途、
『決算報酬』が発生する。
 
つまり、コストカットが常識といっても過言ではない現代において、
「できれば税理士に頼らず、浮いた費用で別の投資に回したい」と
考える経営者は多いはずです。
 
 
 
しかしながら、先述のとおり、
税務は複雑で難解ですから、やはりリスク等を鑑みれば…
 
と、悪循環に陥ってしまうのです。
 
 
しかし…
 

無理して顧問契約を結ぶ必要はない

これが私の意見です。
 
 
矛盾に満ちた解かもしれませんが、
支払った顧問料以上にサービス・結果に満足できない。
 
月々の顧問料負担が重たい。
 
 
そのように感じてまで、顧問契約を継続するのは
健康的ではありません。
 
 
ただ、「顧問税理士は必要ない!」と結論づけるのは、
こちらの小冊子をご覧になった上で行なって欲しいのです。
 
 
こちらの小冊子では、20年以上、税理士と付き合っている
経営者の方でもご存知でない情報を記しています。
 
税理士は経営者にとって非常に身近な専門家ですが、
まだまだ知られていない現実があります。
 
 
まずは、こちらの小冊子をご請求になってから
税理士について考えてみてください。
 
 
 

メールアドレス (必須)

 
 

ご希望の小冊子(必須)
 既に顧問税理士をお持ちの経営者様 まだ顧問税理士をお持ちでない経営者様
 
 確認画面は表示されません。 上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。
 
 


 
 
サービス提供エリア:
福岡市中央区、福岡市早良区、福岡市西区、福岡市東区、福岡市南区、
福岡市城南区、糟屋郡、那珂川、春日市、糸島市、久留米市、北九州市など福岡県全域

福岡 税理士
北九州 税理士
福岡 税理士紹介

コメントは受け付けていません。